記念切手を土日も販売している所は在る?

日本国内における切手ブームは1960年代から1980年の前半頃だと言われています。

以降はブームが過ぎ去り、現代において記念切手などを集める人の数は少なくなっています。

しかしながら、子供の頃から集めている人、親が集めていたのでそれを引き継ぐ形で集め始めた人も多くいます。

切手ブームの時代は、記念切手が発行される当日になると、開局前から長蛇の列を作り、誰もが我先にと言う形で切手を購入するため並んだ時代も在りました。

今ではこのような光景を目にすることは在りませんが、切手を集めている人にとっては余裕で購入が出来ると言うメリットも在ります。

因みに、切手ブームの時代と言うのは発行日に完売となるケースが多いほどの売れ行きだったと言われており、郵便局で記念切手を買う事が出来なかった場合は、切手の専門店で額面よりも高いお金を出して購入したと言う人も多いのではないでしょうか。

尚、記念切手を販売しているのは発行されて直ぐの場合は郵便局で、郵便局では完売となる時までは購入が可能です。

しかし、郵便局で完売となった後は、切手専門店などで購入する事になり、郵便局では額面の金額で買うことが出来ても、専門店では額面にプラスアルファされた金額で販売が行われています。

日本切手の収集を行う人は記念切手や特殊切手、普通切手と言った幅広いジャンルの切手を集める人もいれば、記念切手だけと言った人もいますが、切手の中には人気の高いものもあります。

因みに、普通切手と記念切手もしくは特殊切手の違いと言うのは発行枚数が定められているか否かの違いが在ります。

普通切手の場合は図案の変更が行われない限り、印刷が行われているので、いつでも郵便局で購入することが出来ますが、特殊切手や記念切手と言うのは発行枚数が決められた形で印刷が行われ、郵便局で発行日から発売が開始となり、売り切れとなる事で完売となると言った違いが在ります。

尚、発行枚数が少ない切手と言うのは希少価値が高いと言われており、切手の買取りなどでは発行枚数が多いものよりも高い値段で売ることが出来ると言うメリットも在ります。

因みに、切手の中には人気が高いものが在りますが、人気と言うのは切手収集をする人からの人気と言うもので、国際文通週間や切手趣味週間などのシリーズ化されている切手に人気が集まっています。

これらの切手は特殊切手と呼ばれている種類になるもので、毎年1度などの割合で発行が続いており、全シリーズを集めたいと言う人も多くいます。


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>